酵素ドリンクの飲み方3(コレステロールが気になる人へ、豆乳編)

こんにちは。㈱第一酵素プロダクツ森田です。

今日は酵素を原液で毎日飲むのがあんまり、という単体で酵素を飲めない、40歳代男性のお客様のお話から、酵素を豆乳で割って飲む飲み方について紹介します。

この方法を提案したきっかけは、独身のため、自炊はあまりしない。サラダなどはコンビニやスーパーで手軽に買うことはできるけれども、きのこ類や海藻は食べられない。とのこと。

年齢を重ねるごとに、健康診断の数値が気になりはじめ、酵素飲料を手にとってみた。しかし、特有の味が苦手。なんとか良い方法は?とのご質問にお答えすべく、調理する手間も省けて、手軽に食物繊維を補えるものは、と。豆乳酵素を提案しました。

ここでは酵素原液30ccを豆乳に入れると甘すぎてしまうので。15cc第一酵素ライフゲンに、200ccの豆乳を入れます。残り15ccの酵素原液は牛乳で割っても、無糖のヨーグルトにかけても美味しく食べることができます。

●酵素豆乳 1杯 168Kcal タンパク質 7.4g

★豆乳の効果

豆乳はタンパク質が豊富でまた、豆乳に含まれるサポニンという成分は、食事で摂った脂肪が体内に吸収されないよう働くといわれています。

また、美容に良いといわれているビタミンB群、若返りの成分ビタミンEが含まれています。「レシチン」という成分には、悪玉コレステロールを減らす効果、便通改善効果が期待できます。また、女性には嬉しい「大豆イソフラボン」が豊富に含まれています。

(豆乳100mlに約0.2gの食物繊維が含まれています。)

★豆乳は1日100-200mlを目安に飲みましょう。豆乳や大豆に含まれるイソフラボンは、200mlを目安にすることで、十分摂取量を補充できます。

⇒次は「便秘解消と美肌効果に酵素とヨーグルトのコラボ」のお話です。

コメントは受け付けていません。