酵素ドリンクの飲み方4(便秘解消と美肌効果に酵素とヨーグルトのコラボ)

こんにちは、第一酵素プロダクツ森田です。

今日は、便秘に悩む30代前半のお客様のお話を基に、酵素ヨーグルトを提案します。実は、この方、酵素を飲む前は2日から3日の便通に悩まされていたとのことです。

普段の食事内容を聞いたところ、野菜、きのこ、海藻類は食べられないものが多いとのこと。特にきのこ、海藻は見た目から苦手、まったく食べないそうです。

野菜類もきゅうりなど青臭いものも食べない。ということで、酵素飲料も

もしかしたら、特有なにおいで苦手かなぁ。と半信半疑でお試しで飲んでもらいました。

酵素飲料を飲んだその日の夜にお通じがあって、2日間はデトックス効果があったそうです。2週間目頃より、お通じが良くなったとのこと。

酵素飲料のみで飲むこともおすすめですが、野菜苦手の彼女のために酵素飲料だけでなくヨーグルトと一緒に食べれば効果は倍増まちがいなし。と思い提案しました。

年齢を重ねることによって減っていく善玉菌を増やすヨーグルト。

乳酸菌がたっぷり入ったヨーグルトだけ単独で食べるだけではなく、乳酸菌の生育に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルなど多彩な栄養素と一緒に摂ることをお勧めします。

大腸内のビフィズス菌はオリゴ糖をエサにして増殖し、酵素の力で乳酸や酢酸などの酸を作り、腸内を酸性にして、大腸菌や食中毒菌を繁殖できなくします。

今回作った酵素ヨーグルトは135kcalです。バナナ1/2本を加える174Kcalになります。

★ヨーグルトの効能

牛乳を発酵させてつくるヨーグルトは、タンパク質、カルシウムが豊富、発酵しているので牛乳よりも消化が良い。

腸内環境をバランスよく保ち、便秘や下痢改善効果があります。

ビフィズス菌は、アンチエイジング、便秘解消、免疫力強化につながります。

★バナナの効能

食物繊維、オリゴ糖が豊富で腸内環境をよくする果物の優等生です。

★ヨーグルトと一緒に摂りたい食品を以下にあげておきます。

〇不溶性食物繊維:(穀物、豆類、きのこ類、おから、グラノーラ)

〇水溶性食物繊維:(海藻類、ごぼう、豆類、アボカド、果物類、納豆、オクラ、山芋ナドノネバネバ)

〇発酵食品:(ワイン アンチョビ ピクルスなど)

〇オリゴ糖:(はちみつ 豆 バナナ)

⇒【目次とまえがき】に戻る

コメントは受け付けていません。